群馬大学医学部産科婦人科学教室

レジデント募集

Resident wanted

学生・研修医の皆様へ

群馬大学産婦人科のサイトへアクセスいただきありがとうございます。

群馬大学産婦人科教室では、産婦人科診療全般を体系的に網羅し、各サブスペシャリティ―の専門家と専門医取得体制を整備し、一人一人の状況に応じた働きやすい環境を用意し、基礎および臨床研究・学会発表等アカデミックな活動に対しても十分な指導体制を有し、皆様をお迎えしております。

産婦人科の修練には質の良い経験を多く積むことが重要になってきます。群馬大学産婦人科教室は県内を中心に多数の関連病院と連携し、Common diseasesからRare diseasesまでバランス良く経験できる体制を整えています。また今後はハイボリュームセンターや先進的な医療を実施している施設への国内臨床留学も進めていきたいと考えています。是非、我々の仲間に加わっていただき、困った時に相談できる仲間、一人ではできないことに協力して取り組むことができる仲間を見つけてください。

問い合わせや見学希望がありましたら、問い合わせフォームより御連絡ください。

患者さまへ

レジデント・新入会員(新入局員)募集

群馬大学産婦人科講座では、常に新入会員を募集しております。年齢は出身大学等は一切問いません。
新卒以外の先生も大歓迎です。病棟見学や実習などもお気軽にお問い合わせください。

群馬大学産婦人科講座の研修特色

当科は群大附属病院を中心に県内に8つの関連病院、県外に1つの関連病院があり、これらの病院で研修を行うことにより、産婦人科専門医および各分野(周産期、婦人科、生殖、内視鏡等)の専門医・認定医を取得できるようにカリキュラムを作成しております。また博士号取得のための大学院進学も入会1年目より可能となっております。

群馬大学産婦人科講座の研修特色

 

研修プログラムの特徴

卒後1~2年目:初期研修医(各研修病院)

卒後1~2年目:初期研修医(各研修病院)

見学、研修
お待ちしてます!

レジデント募集

卒後3年目(入会1年目):大学病院(基本的な産婦人科技術)

卒後3年目(入会1年目):大学病院(基本的な産婦人科技術)

関連病院外、県外からでも入会大歓迎!

レジデント募集

卒後4-5年目(入会2~3年目):各関連病院(一般病院での経験)

卒後3年目(入会1年目):大学病院(基本的な産婦人科技術)
レジデント募集

大学院入学
基礎・臨床研究
学位取得

当講座は生殖医療分野での研究を中心に発展してきました。
今後は生殖医療のみならず、がん治療の分野などでも希望があれば一緒に研究していきましょう。

卒後6年目(入会4年目):大学病院or 関連病院→専門医試験!専門医取得!

卒後6年目(入会4年目):大学病院or 関連病院→専門医試験!専門医取得!
レジデント募集

産婦人科一般診療 (関連病院での勤務)

産婦人科一般診療 (関連病院での勤務)

 

 

女性医師キャリアアップ

女性疾患や分娩を扱う科として、やる気のある女性医師が働きやすくなるような環境を医会全体として作っていきます!

女性の場合、結婚や妊娠・出産での診療現場から離れることもあるかと思います。
産婦人科は分娩を扱うため他科と比べて当直が多いこともありますが、当科では結婚後や子育て中の方の復帰ができるような、日勤だけの勤務も含めたフレキシブルなカリキュラムや診療体制も取らせていただいております。

特に出産後の復帰に関しては、当直は行わずに大学病院や関連病院で日勤での病棟、外来勤務を中心に診療していただき特に群大附属病院では常勤医師もバックアップしながら主治医や手術も行っていただく体制をとれるようにしていきます。
もちろん臨床復帰への知識や技術の不安があれば、常勤医師が最初はバックアップして徐々に慣れていただくようにしていきます。
また専門医や認定医取得に関しても希望があれば、群大附属病院を中心に研修病院での勤務を子育て等の時間と配慮しながら相談していきます。(育児中でも取得可能!)

妊娠→勤務の軽減(当直免除、時短勤務)→産休→分娩!

レジデント募集

1~2年程度の育休
(育休期間は希望で相談。復帰時期や病院に関しても医会長と相談)

レジデント募集

臨床への現場復帰!
(当直免除、日勤での外来および病棟業務、希望があれば主治医や手術も担当)

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

田村 美樹

入会1年目 専門医修練中

私たち産婦人科のシニアレジデントはこの1年間で産科班、腫瘍班、リプロ班を3~5ヶ月ごとにローテートします。上級医の指導の元、病棟管理、当直、手術や分娩、外来診療を経験しながら日々知識や技術を学んでいます。中でも自分で執刀する手術や担当するお産はやはり特別なもので、産婦人科を選択して良かったと思える時間です。
時には疲労困憊となることもありますが、病棟に一時預けられている赤ちゃんの可愛い姿を見ると、疲れも吹っ飛びます。
また、暖かい看護師・助産師の皆さんや、指導熱心な上級医に恵まれ、充実した毎日を送っています。 産婦人科に興味のある医学生・研修医の皆さん、是非一度見学に来てみて下さい。

先輩からのメッセージ

松本 晃菜

入会2年目 専門医修練中

私は現在、産科婦人科専攻医2年目として、市中病院で研修しています。
おおまかに分けると、外来診療、病棟診療、手術、分娩を行っています。今までに経験したことのないことも、ひとつひとつ上級医の先生にご教授いただきながら、自分でも調べ実践し、日々精進しております。
今後はさらに様々な症例を経験させていただき、専攻医4年目には産婦人科専門医を取得し、その後はいずれかの分野のサブスペシャリティーを極めたいと思っております。

先輩からのメッセージ

小林 梓

入会4年目 専門医取得

現在、産婦人科4年目です。入局後、大学で1年間、関連病院で2年間の後期研修を経て、今年から大学の腫瘍班に所属しています。
産婦人科では後期研修のうちから多くの分娩や手術を経験できます。様々な経験を通して技術や知識を身につけながら、自身の将来についても考えられる環境だと思います。
産婦人科でやりたい事が決まっている方も漠然と産婦人科を考えている方も、ぜひ一度見学に来てください。お待ちしています。

先輩からのメッセージ

西村俊夫

入会11年目 婦人科腫瘍専門医習練中

自分は平成20年に産婦人科に入会し、その後各関連病院を回った後に専門医を習得し、その後大学院へ進学しました。大学院では癌に関する基礎的な研究をさせていただき、物事に関する考え方や捉え方を学びました。博士号取得後は婦人科腫瘍専門医を取るべく、研修指定病院で婦人科患者の診療や手術の修練を行っております。私は現在婦人科が専門ですが、若い時は様々な病院を回ってお産や不妊治療等も学びました。またロボット手術や腹腔鏡手術など新しい風がどんどん入ってきています。産婦人科としていろいろな領域が群馬大学の産婦人科講座では学べます。「産婦人科は外科的なものだけではなく内科的なものも必要である」と昔の先生に聞きましたが、外科だけでなく、内科だけでなく、総合的に女性を見る科の一員として頑張っています。

先輩からのメッセージ
先輩からのメッセージ

中里 智子

ワークライフバランスプログラム

2010年よりリプロ班で不妊症・不育症や生殖内分泌疾患、内膜症や子宮筋腫などの良性疾患の診療にあたっています。
子育て中のため、群馬大学の医師ワークライフプログラムを利用し、当直・待機を免除して頂きながら時短で働かせて頂いています。
フルタイムで働く先生方に申し訳ない気持ちを持ちつつも、現在の働き方を理解し快くサポートしてくださる先生方や家族に感謝しながら、徐々に子育てから自分のキャリアアップへのウエイトシフトを目指し日々奮闘しています。
産婦人科には、私と同様、子育てと仕事のバランスを取りながら仕事をしている医師はたくさんおり、それぞれ、個々の状況に合った働き方をしています。結婚や子育てと、産婦人科の仕事の両立に不安を感じている方も、産婦人科の仕事に興味と熱意があれば、キャリアを積んでいくことは十分可能だと思います!