群馬大学医学部産科婦人科学教室

診療グループ

Group

当院は群馬県唯一の大学病院として、産科・婦人科・不妊治療を中心に産婦人科全般領域の診療を行っております。
産科グループでは他科との連携を必要とする合併症妊娠の管理や、早産となりうる妊婦の管理を、小児科を中心とする他科と連携しながら24時間体制で行っております。
婦人科グループでは子宮や卵巣の悪性腫瘍における治療(手術、放射線、化学療法)を他科と連携しながら行っております。また腹腔鏡手術などの低侵襲手術や若年子宮頸癌での妊孕性温存(子宮頸部広汎子宮摘出手術)の導入も行っております。
不妊治療クループでは人工授精も含めた不妊治療を行っており、また泌尿器科とも連携し男性不妊に対しての治療も行っております。また良性の婦人科腫瘍(卵巣嚢腫や子宮筋腫)における腹腔鏡下手術等の低侵襲手術も導入しております。
(詳細は各診療クループをご覧いただければ幸いです)

産科

婦人科

産科グループでは、大学病院という特性を生かし、各科と協働して妊産婦さんの診療をしています。また、近隣の市中病院や産科診療所で母体(産前・産後)や胎児に対応困難な問題が発生した場合、常時緊急母体搬送を受け入れております。

<対象疾患>
 合併症妊娠、胎盤位置異常、妊娠高血圧症候群、切迫早産、多胎、胎児異常 など

産科を詳しく見る

婦人科

婦人科

婦人科チームでは婦人科腫瘍(主に子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌などの悪性腫瘍)の精密検査、治療方法の選択、治療、治療後の経過観察を行う外来です。患者さんの病状、体力など総合的に判断し、適した治療法(手術治療、化学療法、放射線治療など)を提示し、患者さんと共に治療方針を決定します、手術治療は入院が必要になりますが、外来担当医も入院治療の対応をしております。また、化学療法は当院には外来化学療法センターが併設されているため、外来通院にて施行することできます。進行子宮頸癌の妊孕性温存術式である広汎性子宮頸部切除術や、実施に当たって施設基準のある腹腔鏡下子宮体癌手術・子宮頸癌手術も実施可能な体制が整っているため、手術適応があり希望される方へ行っていきます。

婦人科を詳しく見る

生殖医療

生殖医療

不妊治療および婦人科の良性疾患の治療を主に扱っている外来です。 対象とする疾患は、不妊症、不育症、子宮筋腫、卵巣嚢腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、月経困難症、月経異常(無月経、月経不順)など多岐にわたります。不妊治療の患者さんには、不妊症専門専門の「リプロ外来(東棟1階)」で診療を行っております。
女性特有の疾患、ご相談に幅広く対応させていただきます。まずはお気軽にお問い合わせください。

生殖医療